オン・ザ・ロード


ジャック・ケルアックの路上 待望の映画化

サルとディーンの友情は気持ち悪いくらいに鮮明な映画。
ラストの切ない感じはもうつらすぎる感じだ。

二十歳くらいの時に
読みづらい文章にも負けず
一気に読んだこの本
この本が映画になる
それだけでワクワクする。

そんな作品。

思い入れはいろいろと可能性を潰しかねないね
時にはクルマで東奔西走、時には綿花詰み、時には鉄道作業員
とどまる事を知らないそんな2人の旅風景だと思ってた。

でも、違うんだ。
とても悲しい物語だった。

今だからそう思うのか
この映画がそういう切り口なのか

良くわからないけど、悲しい話。

ヒロインはとても良い。
スキニーな女の子は無条件に良い。
とにかく、良い。
トワイライトの娘。

モータサイクルダイアリーズの監督なので、
旅な雰囲気はとっても良いしリズム感も最高。

ただ、思い入れと違った。
ちょっとした誤解なんだけど……

たぶん、また見る。それだけは言える。

そうそう、オン・ザ・ロードってタイトルの新訳もあるみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください