Seat Bag


最近、気になるのがシートバッグ

フレームバッグもよいのですが
トップチューブが丸パイプじゃないと収まり悪いんですよね
それと、ボトルケージが使えない

そんなわけで、いろいろ探してるんですが
MTBでアドベンチャーな製品が多いので
ごついんです
で、以外とよさそうなのが
FAIRWEATHERのseat bagなのです

ライバル製品に比べると若干小振りなので
それが、吉と出るか凶とでるか
付けられる自転車は多いと思うのですが

パニアバッグも気になりますが
キャリア必須だったりして付けられる自転車が絞られちゃうのが難しいですね
キャリアダボのついたフレーム持ってないですし

ほかにはsuewとかRevelate Designs
あたりが気になります

自転車に乗って


※昨日の写真ではありません

昨日は久しぶりに自転車に乗りました
乗ってなかった理由はいろいろあるんですが
乗ってしまえばこんなに楽しいものはないと思います

近所の用水路を取水口までさかのぼってみる
そんな往復25kmな予定です

住宅地の中を流れる用水路なので
そんなにスピードは出せません
久しぶりに乗るにはよいコースです

なにより、水辺で木々の植え込みもあるので
とても気持ちが良いのです

途中で大通り脇になってしまい、つまらなくなって引き返してしまったので
20kmも走ってないかもです


そんなコースをのんびりと走るには
グランボア製の30C軽量ロードタイヤ
僕のは試作品なのでアメ黒じゃないんでレーシーです

4〜6Bar位の低圧でちょっとしたダートも走るってのがお気に入り
フラットダートを見つけると即突入!
袋小路なところも多いのでちょっとバツが悪い事も多々あります
が、その辺はしかたないのですごすごと引き返すわけです

軽量タイヤなのでダートをがんがん攻めるってのには向きませんが
1〜2割程度のフラットダートを含むコースを走るのにはよいと思います

そして、バックパックを背負いたくないのでフレームバッグ!
携帯工具、財布、ウインドブレーカーにボトル
このくらいは余裕で入るのでとても重宝してます
ボトルケージと併用できないのが唯一の欠点かも

まあ、ともかく 自転車は楽しいって事です

32 FLOAT 26 140 FIT CTD Remote


32 FLOAT 26 140 FIT CTD Remote
本命はコレ!
なんでかというと140mm固定ストロークで15QR Taperdというスペックで
黒があるんですね

フレームが緑と黒のツートンなので白は入れたくなかったし
可変長もいらないので
2013モデルまではいまいちだったのです
他社製品も15QR Taperdだと150mmストロークが多くて・・・

そんなわけで、年内には買いたいなと思っています

Critérium du Dauphiné

Giroが終わったってエントリしたばっかりですが
今日から1週間、クリテリウム・ドゥ・ドーフィネですね

ツールの前哨戦的なステージレースの一つ
主催はツールと同じASOなんですね

J Sportでは無料放送みたいなので
CS見られる環境がある方は是非!

オフィシャルサイトはこちら

Giroも終わりましたね


今更なエントリーですが
Giroはニーバリのマリアローザで閉幕しました

なんか、Giroはイタリア人チャンピオンだとうれしいのです
イタリアのレースだからなのか
最後のダブルツールがパンターニだったからなのか
所属チームがキャノンデール(旧リクイガス)じゃなくてアスタナってのがちょっと残念な気もしますが
それとこれは別の話ですから・・・

そんでもってまたスペシャが勝ちましたよ
なんだかんだスゲーんだなTarmac SL-4ってば

いつものようにJ Sportsで中継を観てたんですが
ことあるごとに100回大会のツールの告知ばかりで
Giroがツールのツマみたいな扱い・・・
あと、毎度の事ながら愛の無い実況、解説
これは何とかして欲しい

まあ、CSとはいえテレビで自転車レースが観られるだけでも
ありがたい事なんですが
そろそろ中継するだけじゃなくてクオリティーも考えて欲しいと思います

だって、見るの辛くてチャンネル変えるレベル・・・

まあ、苦言はこの辺にして
やっぱり自転車レースは面白い

ツールはみんなで集まってわいわい見られると良いな
てかやりましょうよ!

Steel Custom Made Bike

ほんと、久しぶりに乗ったロード
昔ながらのクロモリパイプ、カスタムメイド
昔と違うのはスローピングでオーバーサイズ、カーボンフォーク
そんなフレームに今のパーツ
6700アルテグラにキシリウム、ハンドルバーも31.8mm

なんだかちぐはぐになりそうなんだけれど
そういう感じは全くしない
むしろ、心地よく進んでくれる

以前のっていたレーサーと比べると
フロントセンターが1cm程短いせいか
少し神経質
特に風が強いときに顕著

少し重めのギアで90rpmが気持ちよい
コーナリングもスルーっと

ちゃんと作ったクロモリのバイクの乗り心地がやっぱり好き
好きというより、染みついてる感覚なのかもしれない
以前乗っていたLOOKやCAAD 10も不満がある訳じゃないのだけれど
しっくりくるのはやっぱりクロモリ、カスタムメイド

だれにでも、オススメ出来るものでは無いし
カーボンバイクなんかに比べるとやっぱり重い

でももし、機会があれば是非試してみて欲しい
オーダーするなら、ビルダーさんに直接あって話をしてみて欲しい

Timbuk2 Pinch Phone Wallet

あまり考えなくこれを買ったのですが
iPhone 4Sにぴったりだし
ジャージのバックポケットに丁度なサイズ
iPhoneとカード数枚、小銭とお札
このくらいを入れるのに良い感じでした
あまり重くないってのもよいです

そうそう、素手であれば透明なカバーの上から操作できます
E-TIPグローブなどは試してないですが・・・

製品ページはこちらです

もう少しシンプルなのが良い人はこれがよいと思います
最大の違いは小銭入れが無い事

Parts Weight

そんなに軽いわけではない僕のRoad
とはいえ6700フルコンポにキシリウムSL Sで8.2kg
標準的なスチールのフレームです
で、ちょっと妄想をば

コンポセットの重さを比べてみると
5700が2,516g
6700が2,357g
9000が1,978g
結構重さ違うのです
現状の6700から9000にすると-379g 余裕で7kg台
5700と6700でも159gも違うってのも驚くな
REDだと1739gなので-618g!ペダル付きで7.6kg・・・
お財布もがっちり軽くなりますけど 良いなー

やっぱり、クロモリでも6kg台って行けるのか
そうなってくるとカーボンじゃなくても良いって判断もありだと思います

価格と重量のバランス考えると6700が抜群にパフォーマンス高いですね
でも、こないだIFのTwitterで9000組の写真を見たら
それがえらくカッコよくて