ようこそ轍屋へ » Blog Archive » 2012年の29erを少し考えてみる(3)

日本に限らないかもしれないのですが、【29インチならシングルスピード!】みたいなノリってどうかと思うのです。
【シングルスピードなら29インチ!】なら分かるのですが、その逆はちょっと……。

via wadachiya.com

轍屋さんのBlogに上記の言葉が

何となく感じてた違和感を代弁してもらった気分です
すっと、腑に落ちました

Christoph Sauser 26er/29er Testing


via youtube.com

本気だなー スペシャって29erに本気ですね

EPICの26と29を乗り比べてます タイムとか心拍とかを実際に比べてます いわゆる感想を述べてる訳じゃないです

やっぱりXC系は29erで決まりでしょう! 勝てますw

きっとコレも日本に入ってきますね きっと!

 

Cooker 29r – Charge Bikes

Cooker 29r – Charge Bikes from Charge Bikes on Vimeo.

29erはちがうー って
手放しときながらも気になってるわけなのです

全く、未練がましいw

噂のレベルから、気になってるモデルが
このCookerなのです

Charge Bikesの乗り味が好きなので
勝手に期待してるってところです

Dusterの様な乗り味で29erだったらホントに欲しいと思ってます

ヴィデオの2人は体も大きいと思われるので
軽快に乗りこなしてますよね
このくらい乗りこなせると、面白いんだろうなー

Good-bye 29er

結局、29erは手放してしまいました

理由はいろいろありますが

1)MTBとしては軽快さに乏しい
2)コミューターとしては走りが重い

大きくはこの2点に集約されるのかなと思います

1)これについては普段山で乗っているMTB Charge Bikes Duster Steelとの比較になりますが
コーナーとかで曲がるきっかけ等のタイミングが違うんですよね
早めに大きくしないと曲がらないという印象でした

長い登りを上がるというような乗り方があまり好きでは無く
平坦〜下りのSTを楽しみたいのです
左右にバイクを振りながらギュンギュンと行きたい
もちろん29erでも出来ますよ
ただ、好みの挙動じゃないって事です

王滝にでるなら迷わずFサス付きの29erにしますけどねw

2)街中を移動するという用途にはホイール径が大きいといってもやっばりMTBだなと
自分が街中を移動する場合最低でも30kmは走るので結構ツライってのが正直な所です

もちろん、26erに比べれば圧倒的に進みます
でも、2.1インチ程度のブロックタイヤじゃ漕ぎが重い訳です
1.5インチ程度のタイヤにすれば良いのですが
そうなってくるとMTBじゃ無くても良いわけです
高速に移動するならロードだと思いますし
少々、やんちゃに
そして帰りがけに河川敷のダートを走るならば
シクロクロス車が最適だと思います

何が何でもMTBじゃなきゃダメ!一台で何でもやりたい!

とかっていう嗜好じゃないって事ですね
フィールドやシチュエーションに合わせたいっていう自分の我侭な訳ですね・・・
こんな事いってて、年末くらいにまた29er買ってるかもしれませんけどねw

あ、そうそう29erは26のMTBよりワンサイズ大きい方が良さそうですね
やまめ乗りを勧めるとかっていう意図では無く
ホイール径が大きいのを活かしてホイールベースも少し長いほうが快適な印象でした
数値的にはETTで2.5cm位大きくても良いのかなと思います
ワンサイズ大きくしてステムを70mm程度にするのが気持ちよく乗れると感じました

問題になってくるのはハンドルの高さだと思いますが
フラットバーを使用する、ステムを逆付けにする等で対応出来ると思います
最近いろいろなブランドからリリースされているバックスイープの多めなフラットバーが調子よいと思います

29er

29erについて、現状で思った事

意外と曲がるホイール径がデカイので段差があまり気にならない
↑もちろん振動はきちんと上がってきます木の根っことかは非常に楽

ハンガー下りが適正なのか腰高な感じは少ない
ただ、ヘッドチューブの位置が高いのでどうしてもハンドルは高めになってしまう
スタックハイトの低いヘッドセットとフラットバーでどうにか調整出来たので問題と言うほどでは無いのかも?
ただし、自分のポジションの場合

スタンドオーバーハイトが低いのにトップ長が長い
個人的には18in位のサイズで580mm程度が理想
エルマリアッチは16inで580mmよって、シートピラーが出過ぎ・・・

河川敷のようなフラットなダートは最高に楽しい
あとは、緩やかに登り下りを繰り返すようなフィールドがイチバン合いそう
と言うことは29がはまるフィールドは初心者にも優しい?

この続きはトレイル(いつものフィールド)に行ってから

salsa el mariachi | Flickr – Photo Sharing!

via flickr.com

明日は走り納めにいつもの里山へ行ってきます そして、こいつのシェイクダウン!

楽しみな反面、大きな疑問もある感じです・・・ 実際29erSSってのは初めてなのでとても戸惑ってます

かんたんなスペックでも

Frame & Fork : Salsa El Mariachi 16″
Handlebar : PRO MOTO CARBON FLAT BAR
Stem : Thomson Elite 70mm 25.4 SIL
Hedset : KING
Seat : Charge Spoon
Seat Post : Thomson Elite 27.2mm BLK
Crankset : FC-M750 170mm 32T / Black Spire Bash Gurde / AtomLab Trail King Pedal
Wheels : HB-M535 / Alex Ace-19 / MountainKing 2.2 / Rennen Design SS Cog 20T
Brakes : BL-M535 / BR-M535 / SM-RT64