移住して3ヶ月

2年前にこんなエントリーをしてました。
その時はぼんやりとできたら良いなー位だったんです。

どういうわけかこの9月から移住をしてしまったのです。

移ってきた日のFBにはこんなこと書いてました。

そんなこんなで、九州は湯布院の生活が始まりました。

なじみのある土地とはいえ、子供の頃夏休みに来るくらいなので夏の湯布院しか知らないんですよね。

夏の終りが思いの外早くてびびってます。
今の外気温は16.5℃とかいってるので・・・

生活インフラは揃ってる
病院、消防、警察、役場などなど。
駅も近いし大分市まで1時間。
コンビニ、スーパー、ドラッグストアも問題無し。

困るのは日常的に使える飯屋が無い。
観光地なので、昼はそれなりにあるのですが、夕方18時過ぎるとその手のお店は全滅。
自炊しろってことだと諦めてがんばります。

雰囲気の良いカフェやバーはあるらしいので時間見つけて探索します。

Facebook

誕生日にはこんな感じ。

いつもはあんまり大きなコトは決めないし、行動もしない。
できることなら何もしないで日々過ごしたいと思ってる。

そもそも、来年の予定だった訳だし。

どうせするなら早めに。
というか前のめりにやらないとやるやる詐欺になりそうだったし。

おじいちゃん、おばあちゃんの家。親父の故郷。どういうわけか田舎暮らしをはじめたわけです。

2年前のおばあちゃんの葬儀、納骨でここに来たときからハラは決まってたんだよね。びっくりするくらい違和感ない決断だったし、決まってからも迷いがなかった。

ぶっちゃけ不安しかなかったし、移住してから2ヶ月で何かが払拭されたわけでも無い。

でも、後悔してるわけじゃなくて
満足してる自分がいる。

去年の誕生日エントリーにも決めたって書いてるしね。
そこにも書いてあるけど、やっぱり一人で決められないことはすごく苦手で、自分のペースを乱されるとすごくストレス。なので、できることはやりましたし、これからもやります。

ってもバタバタしてて自転車にもそんなに乗ってないし、暖かいうちにキャンプと思ってたのに寒くなっちゃいました。

そうそう田舎暮らしでイチバンつらいのは友達にあえないってコト。仕事では話しするのでまだましだけど、しゃべらない生活。

おかげさまで仕事もなりに忙しいしで良かったです。

そんなこんなで干支4周の年男48になりました。

#48 #年男 #4周 #次は還暦

Facebook

etoystk

上記2つの引用で言いたい事は言えちゃってるのでこれで以上ってところではあるのですけど、なんかそれだと寂しいですよね。

田舎とはいえ、それなりに名の通った所だし、上記引用にもあるように社会的なインフラも整っていてクルマが無いと生活出来ないみたいな事が無いってのは移住先としては大きいなと改めて思ってます。

地方移住と田舎で住むは違うんだよねってことは言っておきたいなと。
アトラクション的な生活であれば不自由を楽しむってのもアリ。
でも移住と考えるとなるべく今までの生活は変わらない方が良いと思ってます。

地方創生とかって言われてますけど、社会的なインフラと雇用がちゃんと有って集落に子供が居るっていう所を選ぶべきだと思います。
そうじゃない所は正直移住には向かないんじゃないかと思います。
そういう所ほど現実を無視して都会から若い人を呼びたい。できれば起業してくれる人を。って言っているような気がします。
助成金事業なのもいろいろとアレかな。

あと、市町村合併もいろいろと有るみたいですね・・・

仕事の話をしてなかったですね。
仕事は今までしていた仕事を新しい会社でする事が出来ました。
(案件を引き続きって事では無く、同業種の会社でってことです。)
列車で1時間位かかる県庁所在地にある会社のスタッフとして仕事してます。
ありがたい事にリモートワークメインでやらせてもらってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください