アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生


ジョンレノンとオノヨーコの写真が有名なのかな

そんなに意識してなかったけど、彼女の作品は沢山見た事あった。
ローリングストーンの表紙を長い事受け持ってたのでとうぜんなんだけど。

こういう、ものを創る人生に憧れて
隅っこで細々と暮らしてる自分は
この手の映画好きなんだけど、
なんていうか
理想を追い求めて追い込んでる感じは
本当にスゴイと思う。

自分も少しは出来ているんだろうか
物をちゃんと創れてるんだろうか
こんなふうに自問自答させられて
なんていうか追い込まれてる感じが
嫌いじゃないあたり、病気だなとか……

映画を観た時はすぐに思った事を言葉にして残そうと思って
最近こういってブログにしてるんだけど、言葉って難しい。
思ってる事がきちんと咀嚼されてないと言葉にならないし
言葉になっても伝わる言葉かどうかあやしいし。

じゃあ、写真なら代弁してくれるような物が撮れるのか?
それもきっと無理。

映像はさらに難しい。

でも、表現するのって面白い。
そして、好き、大好き。

だから、才能って難しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください