気付けば10月も終わる訳です。

4月から9月までの上半期
ちょっとむきになって売上を立ててみた訳です。

営業職ではなく、PMやディレクターと呼ばれる職種なので
発生させた案件は自分で終わらすというやつになります。

会社の売上が少ないってのと、
どんだけやったら昇給するんだろうっていう興味でやったんですが
景気の追い風か結構行けたんですよね。

が、しかし、肝心の昇給は返答なくほぼ絶望的ってのもあって
正直疲れました。

そろそろ、潮時?とか思うんですけど、
裁量労働というなの自由勤務で
案件もバラエティーに富んでるし
一人で予算繰りからスタッフィング、仕様とう好き勝手できるという
ある意味好環境

しかもお得意は誰もが知ってるような所ばかり
(孫受けですけどね)

そんな訳でお給料だけで会社移るとちょっと違った感でそうなんで
それだけの理由で躊躇してる訳です。

よくしてくれるクライアントの継続案件もあるし・・・

とはいえこんな状況なので疲れました。
モチベーションって美味しいの?
って状況・・・

あーあーあー

メンタルもそろそろやばいっすよー

ふー

待遇が改善しないなら、
追い出されない程度に手を抜くだけなんですけどね。
もちろん、徹底的に。

iMac文鎮化のお知らせ。

2011年モデル

だましだまし使ってきたんだけど、ついにご臨終・・・
欲しい!ってものじゃないけど、無いと困るってことで購入検討・・・

いざMac買うとなるといろいろ悩ましい訳です。
まず、RAM 16GBとSSD 512GBは譲れない。
で3年は使うのでできるだけハイスペックなCPUにしたい。
あと各種ポート・・・

Macbook 12″
 16/512にしても手に負える価格
 でもCPUとポートがネック
 Airからの乗り換えだとこれ一択

Macbook Pro 13″
 4万円増しくらい
 TB3 x 2はMacbookよりはまし

Macbook Pro 13″(Touch Bar)
 さらに4万円増しくらい
 フルスペックなのでそこに不満は無い
 税込み30万円は持ち歩きたくない

感覚としては
4万円でポートがグレードアップして
CPUが1GHzクロックアップするって感じかな
i5 3.5GHzのiMacが文鎮なのでそこそこのスペックは欲しい。
ぶっちゃけ自転車買いたいんであんまり欲しくない・・・

ふるさと

1月に亡くなった祖母の納骨に行ってきました。

九州にある祖母の家。
多分20年ぶりくらい。

いろいろあって、
ここ15年ほど祖母は東京で生活していたので
田舎には行かなかったわけです。

子どもの頃は夏休みごとに行ってた懐かしい家。

掃除や風通しはしてもらっていたので
住めない訳では無いけれどだいぶいたんでいました。

祖父が他界してから30年あまり、
祖母もいなくなってしまって
何も無くなってしまったような気がしていたけれど
そこに行くと何でも残ってるもんですね。

生まれ育った家も今は無く
小さい時から過ごした記憶のある家はここだけ。
なんか、とても懐かしくてとても居心地がよくて
正直帰ってきたくなかったです。

古い家だし、親戚もいるし
なんかここに住むのも良いなって思うんですが、
田舎のコミュニティーに入れる自信ないし
なんといっても仕事が出来るというイメージが全くわかないのです。

とはいえ、父が受け継いだわけだし
運が良ければ僕も受け継いで行かないとならないのだなと
ぼんやりと思う訳です。

小さい時からそのように言われていたのが
今ごろになって大きくなってきたって感じです。

実際、横浜で生まれ育って東京でしか仕事した事ないので
移住とかってどうして良いかわからないし、
本当に生きて行かれるのかすら怪しい・・・

帰りの飛行機の中で思うのは東京って遠いって事だけでした。

福岡辺りで仕事があると良いのに

Unchained: The Untold Story of Freestyle Motocross (2016)

トリプルバックフリップ!ってなんだよ。
まじでそんなことになってるのね

こういう訳わかんないものをスポーツとしてマーケットを造っちゃうのはアメリカのすごさだよね。
そして、映像にするってのが目的の一つなのでヴィデオパッケージや
この作品みたいなものがちゃんと作れる

その時だけじゃなくてたかだか20年でもきちんと歴史が振り返られるんだから
映像化するって本当に大事だと思う。

個人的にはTravis Pastranaが好き。

なんだかんだ言ってオリンピックでのBMXフリースタイルは期待してます。

Pantani: The Accidental Death of a Cyclist (2014)

好きな選手なのですげー期待して観たんだけど
なんていうか、肩透かし感

表面に見えてる事だけをまとめて一本にしただけの映画・・・

むしろ冒涜でしょ・・・

良くも悪くも最後のダブルツールタイトル保持者
ヒーローにしたいので陰謀説をにおわせてるけど
切り込んで行っていないので雰囲気を漂わせて終り

ランスを高飛車でイヤなヤツって描いているのだけは笑えるけどね。

劇中に挟み込まれるシマノ組のビアンキがダサい
それに乗ってるライダーがサイクリストにみえない

んーなんつうのこれ・・・

IMDbはこちら

This Is the Life (2008)

LAのカフェGood Life Cafe
HipHopの震源地になったカフェ、そのドキュメンタリー。

正直知らないグループばかりだったんだけど、
唯一知っていた大好きなJurassic 5の結成につながった所と聞いて俄然興味がね。

おかげでJayouが頭から離れないんだけどさ。

freestyle fellowship聴きたくてしかたないので音源探します。

こういう場を作れるのってスゴイ。
どうやったら出来るのかばかり考えてしまった。

IMDbはこちら

Dazed and Confused (1993)

バッド・チューニングって邦題の映画
リチャート・リンクレイターって?って思ったらSchool of Rockの監督なのね。

70年代の田舎の高校
その終業式の一日ってやつ

なんてことない作品なんだけど、良い感じでした。

意外とアメリカの青春もの、学園もの好きなんで。

IMDbはこちら

Bike Packing

白州のバイクロアに行くってことで。
275+でバイクパッキング的な事をしてきたので。

バイクパッキングの情報ってあんまり無いんで
山歩き系の情報、とくにUL系の情報をあさってるんだけど、
大きく違うのがバックパックがバイクパッキング用のバッグより大きいってことだよね。
あと、重さよりも荷姿が小さい方がバイクパッキング向いてるってのは面白い発見。

振り返りメモ
・タイヤ、30psiオンロードは良いけど太いタイヤの恩恵皆無
・サス、重い荷物対策で高めの圧にしたのは良かった。
・ギア比、30×42のおかげで登れない坂はない感じ。
しかし、平地は30×12なのでつらかった。
・ダブルウォールの2人用テントは快適だが荷姿がでかい。
・結露が理解出来たのでシングルウォールはつらいかも
・穴あきのスリーピングマットは穴が冷たい。
・20L程度のバッグで2人用テントだと着替えがはいらない。
・パックサイズに限りがあるので、軽いより小さいが正義。
・猿田彦のコーヒーとカップヌードルのリフィルは神。
・SOTOのバーナーは良い感じ。

改善したい点
・29erにしたい。
・ソロテントにしたい。
・フォームタイプのスリーピングマットにしたい。

輪行方法
・つらかったのでサドルバッグは外す。
背中に背負えるハーネスが欲しい。

とかとか書きましたが、
バイクパッキングは楽しいしテント泊も最高!
また、どこか行きたい。

salsa timberjack bikepacking
バイクパッキング。白州バイクロア

salsa timberjack dart
ダートは良いね。

montbell tent
初テン泊

salsa timberjack bikepacking
バイクパッキング。白州バイクロア帰り道。